治療について

 ・矯正治療について

常日頃、私は多くのみなさまに、矯正歯科治療を行うこと(歯並びを治すこと)の意義を知っていただけたらと思っています。

 

最近、歯並びのことや矯正歯科治療に関心を持ち、実際に矯正歯科治療を行っている方が増えてきています。
むし歯に罹患している人が少なくなってきている現在、いかに美しく健全にかむことができるかが、多くの人々の関心事になってきているように思います。
ただ単に、美しさのみを競うのではなく、かむという健全な機能をもってこそはじめて歯並びの治療が意義あるものとなります。
 以上のような理由から、医療としての矯正歯科治療を行うことにより、みなさんの健康に寄与することができると自負しています。
そして、矯正歯科治療は一時的なその場限りのものではなく、できるだけ人生の長い間、自分の歯でかむという大きな目的の一助となると確信しています。

 

さらに、矯正歯科治療を行うということは、ただ単に咬み合わせをよくする、歯並びをきれいにするだけでなく、美しい歯並びを持ち合わせた笑顔に自信を持つことにより、積極的な対人関係を構築していく上で、意義ある治療となりうるでしょう。自信を持って笑顔で接することができる人は、意外と少ないのではないでしょうか。

 

お話しましたように矯正歯科治療はあくまで医療ですが、このように笑顔を含めた美しさも追究していくため、ある意味で芸術的作品を創り上げる要素も含んでいます。

 

矯正歯科治療を専門とする歯科医師(日本矯正歯科学会より認定された専門医・指導医・認定医)である私が一方的に治療を進めても、患者さんサイドの協力がなければほんとうに満足のいくよい治療ができません。
また、一般の歯科治療と異なり治療期間が長くかかるため、患者さんと長期にわたるお付き合いが必要になり、良好な信頼関係の基に矯正歯科治療を進めていくことが必要となってきます。
このため、いつも患者さんが気持ちよく来院していただき満足して帰っていただけるよう、治療の質はもちろんのこと、コミュニケーションを大切にしていきたいと日々思っています。

 

以上のような考え方を理解していただけるみなさんに、満足していただけるような矯正歯科治療を提供させていただきたいと思っています。